【事例】G20大阪サミット2019

By Lumens Editor Group

June 26, 2019 18369



G20大阪サミット2019

•日付:6月。2019
•国名:日本
•市区町村:大阪府
•ウェブサイト:https://g20.org/
•アプリケーション:国際サミット会議
•Lumens製品:VC-A50P PTZカメラ;VS-KB30カメラコントローラ
•一緒に:ボッシュディセンティス会議システム



アプリケーション

•G20は、世界経済の90%を占める19カ国とEUの国際フォーラムです。2019年G20サミットが大阪で開催されました。
•PTZ IPカメラVC-A50PとIPカメラコントローラの組み合わせは、スピーカーをキャプチャし、言語解釈を容易にするためにブロードキャストとライブストリーミングに使用されます。
•OMNEOアーキテクチャ上に構築された世界初のIPベースの会議システムであるBosch DICENTISと、国際サミット会議をオーケストレーションするためのライブフィードを提供するLumensのIPカメラVC-A50P。



なぜVC-A50P

•他の有名ブランドと比較した後の優れたフルHD画質
•簡単なインストールのためのPoEサポート
•低レイテンシライブストリーミング、H.264、MJPEGをサポート


なぜVS-KB30なのか

•Lumens IPカメラ自動検出
•IP経由で最大255台のカメラを制御
•簡単なインストールのためのPoEサポート
•ジョイスティック片手操作パンチルトズーム


ボッシュ・ディセンティスを選ぶ理由

•IPベースの会議システムソリューション
•標準のイーサネットネットワークを使用
•ソリッドPoEスイッチ


「VC-A50P PTZカメラLumens、その優れた能力のために選ばれました。カメラは設置が簡単で、長距離画像/音声伝送用のPoEをサポートし、素晴らしい画質を提供しました。新しくリリースされたIPカメラコントローラは、ビデオを放送するための制御の必要性も満たしています。

宇津木秀樹
MTCジャパン ネットワークソリューション事業部長



戻る