【ProAV Lab】遠隔教育のための仮想教室を作るには?

By Lumens Editor Group

March 26, 2020 16714



イントロ


今日、仮想教室は学習のための最も一般的な方法です。仮想教室は、インターネット上でのトレーニング活動のために、インストラクターと学生間のオンライン対話を提供します。これは、より多くのリソースとより少ない制限を持つ知識獲得のための新しいアプローチです。


仮想教室システムからどのようなメリットを享受できますか?

1.仮想教室は教育をより便利にします。学生は地理的な制限なしにさまざまな場所からカリキュラムにアクセスできます。オンライン教育は、あらゆる年齢の学生に遠隔学習の機会を提供します。

2.遠隔学習は学生により大きな柔軟性を与えます。学生は自分の生活に合ったスケジュールに基づいて勉強することができます。ビデオ会議機能を使用すると、教員はリアルタイムで学生を見ることができ、学生間の対話とディスカッションが促進されます。


遠隔教育ソリューションのオプション



基本プラン:USBビデオ会議カメラとZoom
     
VC-B30U USB会議カメラは、遠隔学習において重要な役割を果たします。クリアなフルHD 1080p画質を提供します。VC-B30UをZoomなどの映像通信ソフトに接続するのは手間のかからないプロセスです。シームレスな統合により、インストラクターはプリセット、パンチルトZoom機能など、PTZカメラをZoom制御インターフェースで完全に制御できます。VC-B30Uは、対面式のオンライン学習を容易にします。

プレミアムプラン:メディアプロセッサとPTZカメラ
     
VC-A50Pは、講義のキャプチャとビデオ会議のためのさまざまな多目的教育室を提供します。既存の講義管理システムに接続できるため、学生はタブレット、スマートフォン、またはラップトップからリモートで講義にアクセスできます。LC200 CaptureVisionシステムを使用すると、インストラクターは4つのビデオソース、録画、ストリーミング、ライブスイッチを同時に混在させることができ、遠隔学習のコアシステムとして最適です。
 
戻る